養護児童の自立を支援する

2010年5月10日 03時16分 | カテゴリー: トピックス

 今回のゲストは、養護児童が施設を出た後の自立を支援する活動をしている松本修一さんでした。
 児童養護施設で生活している子どもたちは、高校へ進学しない限り中学を卒業すると施設を出なくてはいけないが、自立するまでには多くの困難なことがある。施設へのボランティア活動の経験から、自立支援は組織では難しいと判断し、現在のような支援に至った経緯について聞きました。
 信頼関係をいかに築くか、ひとりの人間として幼児の頃から成長をつかず離れず見守り、必要なときに手を差し伸べる、言葉で言えばそれだけだが中途半端ではできないことだと感じました。