経済から環境問題を考える

2011年3月7日 09時27分 | カテゴリー: トピックス

田中優さんと語る、市民発のお金のエネルギーの輪

 3月5日、ルネこだいらで「住みつづけたいまち小平の集い 経済から環境問題を考える〜市民がつくるお金とエネルギーの輪〜」と題した集会を開きました。土曜の夜と忙しい時間帯に駆けつけてくれた市民の皆さんとともにゲストの田中優さんのお話を聞き、質疑応答で対話の時間を持ちました。
 深刻化する地球温暖化を防止するためには家庭内の努力ではなく、電力供給にかかわるコストなどお金の問題を点検して仕組みを変えていかなければならないという話から始まり、いまや世界的には自然エネルギーによる発電が最もコストが低いということをデータを使って説明。さらには、地域でお金を回しながら同時に温暖化防止につながる目からウロコのアイデアを次々に紹介してくれました。田中さんのすごいところは単なるアイデアでなくすべて実践していることです。
 制度に働きかけるタテの関係、人から人へ伝えるヨコの関係、そのいずれも視野に入れたナナメの関係、そのどれも行っている生活者ネットワークに期待するという嬉しい言葉もいただきました。
 第2部は、4月の市議会議員選挙に向けて応援メッセージをいただき、挑戦する岩本ひろ子、日向みさ子、平野ひろみの3人が力強く決意を語りました。
 生活者ネットワークは地域にこだわり、地域政党(ローカルパーティ)として地道な活動を続けています。第1部で田中さんからいただいた元気になるメッセージとともに、みんなで勝利を誓い、熱気に満ちた集会を閉じました。
(写真は左から、市議会議員平野ひろみ・苗村洋子、田中優さん、市議会議員岩本ひろ子・日向みさ子)