11月金曜サロン「ハタラボ・対話カフェ」の活動

2013年11月4日 16時11分 | カテゴリー: トピックス, 金曜サロン

プロジェクターで自己紹介や活動の紹介をするかもしぃ

 本日のゲストは鴨志田結花さん(通称かもしぃ)です。現在は、ハタラボ(MyStyle@こだいらの新拠点)で仕事をされています。
 まずはチェックインといって参加者が順に①今日呼ばれたい名前、②今の気持ち、今日期待することを述べました。ひとことずつ言うことで他の人のこともわかり、場の雰囲気も少し和みます。
 かもしぃは中学の時に「杉並ユネスコ中学生クラブ」その後「ユースプロジェクトすぎなみ」(杉並区の青少年課が若者の社会参加を目指してやっています)の活動に参加していました。ちなみに小平市には青少年課というのはありません。年一回、区長にプレゼンできる企画があり、グループで発表したりもするのだとか。さまざまな人と出会う中で、対話ラボを知り活動や勉強会に参加しているそうです。(対話ラボというのは対話の手法のノウハウや実践を共有する場をつくっていくための集まり。勉強会やワークショップを行いながら、地域をつなぎ、元気をつくる対話を広めています)参加者の多くはかもしぃと同じ年頃の子どもがいて、どうしてそういう活動に興味を持ち活動されることになったのか、の辺りにも関心が高かったです。
 ハタラボは、MyStyleが運営する、小平市学園坂商店街の一角の、まちの働き方をつくるラボ(実験室)。 学びあい、つながりあい、人もまちも元気になる働き方をつくることを目指しています。現在はWebの使い方、広報のやり方などの講習会や地域の人との交流会を手がけているとのことです。

かもしぃのお話に興味しんしんの参加者たち

 ワールドカフェ、OST(オープンスペーステクノロジー)、フューチャーセッション等々耳慣れない言葉が続出する中、たぶん人と関わるのが好きだと思うというかもしぃのお話を伺い、一度ハタラボの見学もさせていただこうというお話になりました。