「チャンス!東京を変える」 ~都議会には生活者ネットの議席が必要です

2017年6月26日 06時59分 | カテゴリー: トピックス

 

6月23日、都議会議員選挙が告示となりただいま選挙戦の真っ最中です。
市民参加と情報公開を基本理念に据えて30年以上にわたって地域政党として活動してきた実績を持つ東京・生活者ネットワーク。小池都知事の下で、少しずつ進んできている都政における情報公開の動きを加速させ、都政を大きく変えるために、今こそ生活者ネットの議席が必要です。
東京生活者ネットワークは、今回の都議選において「チャンス!東京を変える」をスローガンに掲げて、4つの選挙区で候補者を立て、全員当選を目ざしています。小平・生活者ネットワークは、北多摩2区(国立・国分寺)から3期目に挑戦している山内れい子の当選に向け全力で応援しています。

東京・生活者ネットワーク都議会議員候補者
杉並区・小松久子
練馬区・きくちやすえ
世田谷区・岡本京子
北多摩第2・山内れい子

東京・生活者ネットワーク  ー2017-

  • すべての人の人権を尊重する
  • 環境への配慮と、人口減少社会を見据えたまちづくりに転換する
  • 減災のまちづくりをすすめる
  • 誰もが自分らしく生きられる地域福祉のしくみをつくる

 

小平選挙区では、民進党の斉藤あつしさんを応援!

力強く語る斉藤あつし候補。参議院議員平山佐知子さんが応援に駆けつける。

小平・生活者ネットワークでは、小平選挙区においてはこれまで同様に民進党の斉藤あつしさんを応援しています。斉藤さんは福祉のエキスパートとして3期12年の実績があり、常に都民の声に寄り添った活動を積み上げてきた人です。
今回の選挙では、都民ファーストの会の公認候補も出ており、かつてない厳しい選挙となっています。市民のみなさんには風に流されることなく、有権者として都議会に必要な候補者は誰かをよく見極めて欲しいと思います。多くの力を結集し斉藤あつしさんを都議会に送り出しましょう。