豊かな未来をつくろう! 自分たちの手で 2019政策⑥

2019年4月11日 23時02分 | カテゴリー: トピックス, まちづくり

 ⑥いつまでも安心して共に暮らすまち小平を
◇多様なひとがまじって暮らす

多様な性のあり方を認め合い、同性愛や性同一性障がいなどへの理解を深め、誰もが暮らしやすい小平をつくります。賃貸住宅を借りる際や家族割引などに使えるパートナシップ証明の発行をめざします。外国人への差別をなくし、必要な人へは支援を行いながら、地域に暮らす市民同士として多文化共生の地域社会をつくります。

  • LGBT*⑤の人たちが暮らしやすくなるよう理解啓発をすすめ、必要な人にはパートナーシップ証明書を発行する
  • 地域の一員として外国人が共に暮らせる小平をつくる

*⑤LGBT・・・…レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(心とからだの性が一致しない人)の略で、性的マイノリティということもある。SOGI(Sexuai Orientation and Identity)=性的指向と性自認の問題として、多様な性のあり方を求める動きが国際的に広がっている。

渋谷で行われたレインボーパレード。自治体議員も参加し多様性を認め合う社会づくりをアピール。